Tag Archives

仕事を愛してたまらないこと

by
明日も朝からオートクチュールの レッスンががあるため、私の中では 義務的に、早く就寝をしなくては ならないのが、中々、そうもいかない いつもワインやシャンパーニュを常用し 暇そうに見られるかもしれないが意外に そうでもなく、先週末から眼のトラブルを 患い、画面すら見れない時もあった 今日は陽の光が差し込んだ時と 画面との交錯が少し負担となり サングラスをかけてレッスンを させていただいた これをhusbandに伝えたら 本気で彼に笑われてしまった(笑) 今のパリは非常に寒く、二週間前から 気温が真冬に戻り、夏日のような 数日とギャップが20度以上もあり さすがに、出不精の私にも非常に堪えた 加えて、先週は寝不足の日が続き 抵抗力のない身体に寒さの洗礼を…

愛と真髄の循環

by
昨日のFacebookで綴ったこと 私には子どもがいない 人生経験としてはマイナスかもしれない しかし、その強みは純粋に子どもの視点で 語れることである 師がいることで綴られた この言葉を堂々と語れる強さが 如何にもYUKIKOさんらしく 私は大好きでたまらない 私自身に於いては、自分以上に コンサルティングのクラインアント の方々を四六時中、考えているため それほど近い存在であるため、ブログも その影響で非常に偏ったものであるが 私が大切にしているものなので今後も ご容赦くださいませ 世の中に、そして、一つの人生に於いて ここまで情熱を注ぐことが出来るものが あることは、私は幸せな人間なのである コンサルティングを受けている方々は…

愛に生きるとは

by
過去のブログの記事の改行と写真の 整理をしているところで、ある記事に 手が止まった 私が唯一、信じているもの それは、目に見えないエネルギーであり 記事を開いた瞬間に 詰まった愛とエネルギーが私の心を捉えた 未だ820件にも及ぶ過去の記事の 整理が終わっていない中で 今日こそはブログを綴ることをせず 記事の整理を進めようと決めていた しかし、エネルギーにだけは逆らえない 思わず止まってしまった記事とは 溢れる愛と共にであり この記事は時を経ても今でも強く 私の心を打ち、彼女のことを想った 先週、今週とバカンス中に預ける 施設へPeterを連れて行く中で 彼女が泊まっていたホテルを通った Peterに、「このホテルが彼女が…

可能と不可能の境界線

by
共鳴する二つの世界で綴られた ハイヒールの世界とフルートの世界の 奥深き共鳴を細かに綴られた記事を 拝見し、どの世界でも共通するものは 一つであると興味深く感じていた コンサルティングを始められる前から 二つの世界の共鳴を教えてくださっていた Michiyoさんは画面越しでさえも彼女の 聡明さとエレガンスが彼女の美しさとして オーラを放ち、サロンの空間は彼女の深い エネルギーそのものである 私は、その満たされた空間を時空を 超えて味わうことで、お会いする度に 素晴らしいエネルギーをいただいている 現在、すべてのコンサルティングの クライアントの方がBlogger Blogへ 引越しをされた ご案内の準備が整いましたら ブログでも告知をさせていただきますので…

エネルギーは正直である

by
週末までは仕事を優先させて ブログを綴らない予定でいたのだが エネルギーを高めるとはを開いた瞬間 私の魂が掻き立てられ、どうしても 今日だけは、これをブログに残さずに いられないと思った ビジネスをするとは商品となる ものが必要であり、嫌いなものよりも 愛するものが成功し易いのは 説明をしなくとも誰でも分かる事である コンサルティングを受けられた方の 商品に関しては、私が人生を懸けて 築きあげたハイヒールで美しく歩く ハイヒールと人生の哲学である これだけでも商品価値が高く あまりにも多くの女性が ハイヒールに無知で且つ、悪い レッテルが世界中に貼られている 状況とは裏を返せば、正しい知識 間違った思い込みを払拭させれば…

愛と同調の違い

by
Parisも20度近くまで上がり 春を感じ、心が踊った今日だった 週末は気温が下がるため、本格的な 春の訪れではないが、日差しは強く 朝、幼稚園へ送りに行く際にでも サングラスは必須となってきたこの頃である いつも通りの穏やかな生活に戻り数日 火曜日の夜、Tianaを組織団体である Associationへ戻し、再び、三人と 一匹の平穏な生活へと戻った 前回のブログを綴った翌朝に事態が 急変し、Tianaが新しい環境に慣れないため ストレスのため、コントロールが効かない 状態でお腹を下し始めた 前日はhusbandがトイレの躾けも含め 自分の猫として面倒を見ていたことも あったが、私一人でこの状態で仕事を するのは完全に不可能であった CannelleはTianaが全く受け付けず 気配を隠しても臭いで感じて、威嚇し…

今を感じ、過去を回想し、未来に馳せる

by
愛する家族とのディナーの時を 心ゆくまで愉しみ、家に向かう 車から見える夜のパリの景色が 私の心をウットリとさせることは 今も変わらない セーヌ川沿いを通り、エフェル等を 横切り、コンコルド広場、オペラ座と パリの美しい光景を目に焼き付ける 今を感じ、過去を回想し、未来に馳せる 一つ、変わったのは車の中で Cannelleは寂しく 家族の帰りを待っているのだろうと 早く帰ってあげたいと思う心が増えた プラダを着た悪魔の映画を観た時 映画の後半に出てくるパリの光景は 私の一つのビジョンであった その頃は、パリに生きるビジョンとは 程遠い現実を生きていたため このシーンだけを何度も繰り返し観ながら ビジョンに想いを馳せていた事も思い出した…

家族の愛とCannelle

by
今夜、日曜日の夜は Cannelleを家族に迎え入れた 歓迎会を我が家で行う 本当に可愛いCannelle Cannelleと一緒にいるとあまりの 愛らしさに仕事の効率が落ちるが(笑) これも幸せな悩みである husbandの父は、デザートに Cannelleのマカロンを作り 前日、写真を送ってくれた 父は二週間前にCannelleを一緒に 迎えに行って以来、husbandの祖母である マミーは初めての対面で楽しみにしている husbandはデザートを事前に予約し トリュフのチーズも揃え、食後の デザートは盛りだくさんである(笑) 私の方は、当日は手間が掛からなく 家族が喜ぶものを準備するため 前日は、仕事の合間、二度に分けて 買い物へ出かけた…

センス

by
昨日は、家族と共に気づけば 今年初滑りのスケートであった 今月の第一日曜日は元旦で休み それから、二週間はhusbandの 父がルーマニアへ出張で二週間 パリにいないことや寒さの為の 出不精もあり1ヶ月ぶりであった 1ヶ月ともなると、氷に乗せた 感覚は、恐る恐るであるが それでも滑り始めると感覚を思い出し 忘れていた心地良さを思い出す 私が唯一、無になるのは氷の上である この感覚が忘れられず、仕事をすれば するほど無になる時間が必要であり 無になれる状況に心から有難く思う 昨日も変わらず、寒かったが スケート場よりも外の方が 寒いので、スケート場に入った 瞬間は暖房が入っているかと思った ちなみに、パンツスタイルが…

Can you give me a hug ?

by
世界の何処にいても100パーセント 安全だと言える場所はなく 危険を恐れて冒険をしないことは 何の安全の保証にもならない 私の場合は、家が心地よく 出不精なだけであるが・・・ 寒さと共に出不精にも拍車がかかり 幼稚園の送り迎え以外には外出する ことがないにも関わらず、フランスの 冬は恐ろしいと思った 昨日、朝から体調に違和感を感じ 全てのレッスンが終わり、何となく 身体を休めた方が良い感じがした 妊娠したのかな?と思っていた矢先 仕事が終わり、これからTaxiで帰る との電話がhusbandからあり、彼の 身体の状態を聞いた時、私の病名が 確定した あの、例の恐怖のガストロであった 幼稚園へ迎えに行くことが難しいと…