Tag Archives コンサルティング

私のエスプリを継承した女性

by
Twitterより   「 L'Aigle Noir」   一目惚れしたフランス音楽のタイトル   フランス映画だけではなく、フランス音楽も 好きであるが、好きな曲は口ずさみたく 今はこの曲の歌詞を頭に入れる作業をしている   詩を読むと光景が目に浮かび フランス語の言葉の美しさに感動する この曲のオリジナルは個人的に 惹かれないが、私の大好きな 世界的にも有名なThe Voice フランス版 2014年の勝者である…

仕事の流儀

by
仕事バカな私は昨夜も就寝前まで ベッドの上でパソコンで仕事をしていた お気に入りのRadio Classiqueと共に 時間帯により、流れるクラシック 音楽やオペラは個性が異なるのだが 昨夜は、何かが違うと思い耳にしていた そして、何が異なるか知った瞬間 思わず大きく興奮した シャンゼリゼ劇場での コンサートの生放送をリアルタイムで 聴いている事実を知ったからであった 装いをし、目の前で生の演奏に 耳を傾けて、音楽家たちの魂を 直に触れることこそ醍醐味である 一方で、ベッドの上で仕事のBGMが リアルタイムのコンサートとは 何と贅沢なことであろうかと歓びと 感謝で胸が一杯になった 今でも、昨夜の空間が忘れられない…

タイミング

by
人生には敢えて風を吹かせ 波を立たせなくてはならない時 又は、風向きが変わるまで 精進して待たなくてはならない 二つの時がある どちらも仙人が修行するように 厳しいことには変わりはないが どちらであるかはタイミングである 1年半前か、その頃にフランスで会社を 興すことを綴ったことがあるが 恐らく、その時とはビジョンに夢中で もう少しのところで先走ったところが あったのだと思う その時も、現在も個人事業主とし 税金を収めている私の身分であるが 個人事業種として支払う税金が リミットを超えてしまい、自動的に 個人事業種から会社を設立をせねば ならない環境となるために、今は 様々なことを進めながら法人化へ…

身体に響く声

by
私はオートクチュールコースに関して 2時間30分と云う時は、単なる 技術を習得するためのレッスンではなく 一つの芸術だと云う思いで立っている 音楽と構成、ストレッチをする際の 身体の動かし方、指先の動き一つ 部屋に広がるエネルギーも含めて テクニックを教えるだけのレッスンでは ないのがオートクチュールコースである 現在は、コンサルティングのクライアント である東條 怜さんが、過去にパリでの レッスンを受けられた際に"Asami先生は 声の抑揚まで意識をされてレッスンを提供 されているのではないでしょうか?"と 私がまさに、意識をしていただけに、彼女の 言葉は本当に嬉しかった こちらの言葉は今から二年半以上も前になるが その頃からもレッスンに立つ際の声については 一つの大事な要素と思っていた…

リズムとバランス

by
久々に昨日はブログを綴らず 自分のリズムを整えることで 生み出すエネルギーを調整した 私がブログを綴る理由は様々な 意味があるが、一つには自分の 脳を休めるためでもある 仕事が忙しくなれば、脳の休息が 欲しく、それが私にはワインと共に ブログであるが、それを超えると 一旦、休んでエネルギーを貯めに入る 私はブログに対してはレッスンと 同じくエネルギーを込めており もう少しで、エネルギーの需要と 供給のバランスが崩れそうだと云う 手前で潔く、そこを断ち切ってしまう バケツに水が一杯になるかの如く エネルギーが規定量になったら 再び、コツコツと始めるのである バランスが崩れる前の線引きは 私は恐らく長けていると思う…

人生を追究すること

by
クライアントの方々を見ていても 感じることは、軸を司るも失うも 僅かな誤差であり、その誤差に どこまで真剣に挑むことが出来るか 私が常日頃から、申し上げている 一ミリの世界とは大袈裟でもなく 実際に本当にそうであり、それ程の 僅かな狂いにでさえ違和感を感じて 気づけることが人生の恩恵に繋がる 誰が見ても感嘆をする美とは 全てが完璧であり、何処かに狂いが あれば美しさは成立をしない それは音楽、スポーツにでさえ言える 私はフラットシューズで歩く上で そのような美しさを感じることが 出来ないと思うのは、フラット靴は 身体のポジションに狂いがあっても 違和感に気づかず歩けてしまうこと しかし、ハイヒールでは、そうはいかない ハイヒールで正しく美しく歩くとは…

カリスマ性

by
カリスマ性とは 人を強く惹きつける力であり これは人を指導する立場であれば 絶対的なスキルである 何故、「スキル」と表現したかは カリスマとは作り上げることが 可能であるからである 作り上げることが可能であれば カリスマを消すこともできる カリスマ性が消えているのが 日本の芸能界や著名人の世界で なかろうかと思う 等身大を売りにしてファンの心を 掴もうとすることが背景にあるように 見えてならないが、夢を与えることが 彼らの職業でもあり、等身大を売りに したところで、誰がついてくるかとの ファン層の結果も自ずと、見えてくる 自分の価値を敢えて下げることで 等身大に見せる必要はないのである…

「ASAMI-PARIS」コンサルティング

by
ホームページより 2011年パリへ渡り、コネクションも ない中で、ハイヒールレッスンを 異国の地でゼロから立ち上げ 地道に努力を積み上げてきました。 当時は、出産後 3ヶ月で始めた状態でした。 少しずつ、フランス国外からも 飛行機に乗り、クライアントが 集まるようになり、気づけば 世界、12カ国の国から集まる迄に 発展をしました。 理由は、独自のハイヒールの 哲学であり、確固たる理論を ベースにクライアントの身体を 改善し、改革してきた結果です 美しさだけでは足りず 理論だけでも足りませんが 美しさと理論が共存した時 何にも勝るものとなります。…