Tag Archives エネルギー

諦めるべからず我が人生

by
凛さんが屋号の名を変えらえ Les Capricesとして 新たな大きな一歩を踏み出された 誕生エピソードを以下で綴られている 「Les Caprices」誕生について・1   「Les Caprices」誕生・2 私の人生とは、エネルギーだけで 人生を切り開いているようなものであり だからこそ、エネルギーには敏感で それは自分だけではなく他の方が持つ エネルギーが変わった際にも敏感に感じる 私のようなエネルギーを感じるレベルは 世の中に五万といるかもしれないが 恐らく、人と少し異なるであろう点は 変わったエネルギーをそのままにして 置くことが出来ないことである…

エネルギーとは嘘がつけない

by
今日は上半身の筋肉痛が酷く それは腹筋と腹筋の両サイド 胸筋、二の腕、肩周りと両手を 上げるのですら一苦労であった 貧弱にならない上半身作りのため 週に二度はダンベルと共に上半身の 筋トレを行っているが、私には珍しく この二週間は完全にゼロであった 筋トレだけではなく、これも珍しく フランス語も出来ない状況が続き 早く起きるのは、このためであったが 最近は、その時間も仕事に充てていた 先週のフランス語のレッスンは 悲惨な状況であり、完全に脳が 退化しているのを痛いほど感じた 英語のレッスンは毎日、続けては いたが筋トレとフランス語の勉強が 出来なくなる時には同じタイミングで 仕事の時間に充てていたので、英語は フランス語よりも更に酷い状況だと…

人生と変化

by
光と闇の交錯が激しいからこそ パリの美しさとは崇高なエネルギーを放つ このような場所で生きていることに 決して色褪せることはせず いつも感謝の気持ちで生きられる街 私にはパリである 崇高なエネルギーと共に生きながら いつも謙虚にさせてくれることで 常に自分を高める原動力ともなる 5つ星ホテルHôtel BANKEにある レストランChez Josefinでの時 こちらは、先月のインタビューで ゲストとしてお招きをさせて いただきましたマオクリニック院長 昌子さんのお気に入りのホテルである 我が家からも近く徒歩圏のため ずっと、気になっていたが ようやく機会を見つけて素敵な時を…

人生を追究すること

by
クライアントの方々を見ていても 感じることは、軸を司るも失うも 僅かな誤差であり、その誤差に どこまで真剣に挑むことが出来るか 私が常日頃から、申し上げている 一ミリの世界とは大袈裟でもなく 実際に本当にそうであり、それ程の 僅かな狂いにでさえ違和感を感じて 気づけることが人生の恩恵に繋がる 誰が見ても感嘆をする美とは 全てが完璧であり、何処かに狂いが あれば美しさは成立をしない それは音楽、スポーツにでさえ言える 私はフラットシューズで歩く上で そのような美しさを感じることが 出来ないと思うのは、フラット靴は 身体のポジションに狂いがあっても 違和感に気づかず歩けてしまうこと しかし、ハイヒールでは、そうはいかない ハイヒールで正しく美しく歩くとは…

エネルギーを放つこと

by
プレミアムコース2回目、男性編は 美しく、やわらかなオーラの女性編 と異なり、力強いオーラを身に纏う 大変貴重なレッスンでした。 目線に加えて、目からビームを放つ とのAsamiさんのお言葉通り、目に パワーを宿すという、これもまた 初めて経験するレッスンでしたが 昨日は前回に比べてより、一層空気中の エネルギーを体に感じ、吸収、放出する ことでレッスン後は、まるでエネルギーが 部屋に満ちているかのようでした。 Asamiさんとのエネルギーの交換 楽しみにしておりましたが 昨日は、Asamiさんのあまりにも 美しきオーラとパワーに触れ、感動し 思わず涙が出てしまったのには、自分でも 驚きました。 スカイプ越しですのに、Asamiさんの オーラは、ここまで到達するのですね・・…

チューリップと花瓶

by
ずっと、購入しようと思っていたもの それはブーケが入るような 透明でシンプルな花瓶であった 私が所有している二つの花瓶は 個性的過ぎるため、数本の薔薇や 紫陽花には合うがブーケには難しい 10日前、ある方に黄色いチューリップの ブーケをプレゼントさせていただいたが その時からチューリップが頭から離れず チューリップを購入するなら、それに合う 花瓶がないと思っていたので、これを機に 大きな花瓶をと狙っていた 勿論、チューリップと一緒に 私が赴いている花屋のマダム Alineへは幼稚園へ迎えに行った後 日用品の買い物の帰りに立ち寄る そのため、手には荷物が一杯であり 花を購入すると両手が塞がり 又、Peterの手を繋がないといけない 状況で、そこに花瓶はハードルが高い…

光と闇の役割

by
私は強い人間だと思う 正確には、幾多の人生 経験から強くさせられた 踏まれても、踏まれても "めげる"ことを知らない雑草の ようであると自分で苦笑する 時折、"めげる"スキルがあれば 私の人生は、甘い蜜に満たされ どんなに楽であろうかと思うこと もあるが、これも自分で選んだ 我が人生である 私の魂は、そのような生き方が 好きなため、観念して付き合って いくしかないと、何時の頃からか 諦めた そして、このような生き方を 選んだ自分が愛らしいと誇れる ようになった 人生、真剣に生きていると 光と闇の二極の世界の後者…

美しさの哲学 第10章 “美しく在り続ける方法 ”  

by
昨日配信されました「美しさの哲学」 未熟ながらもとても共感致しました。 特に香水については以前ブログでも 紹介されていましたAsami先生の 香りの選び方に習って、新しい自分の 香りを決め、その纏う香りとオーラに 慣れてきた所です。 香り1つにしても、持ち物にしても 自分が纏うものや周りの環境 そのエネルギーがが自分に与える 影響を改めてとても感じています。 そして時間はかかってはいても 確実に私は私の目指す美しさへ 日々向かっていると思える自分が いること 私なりに大きな成長だと感じています。 それもやはりAsami先生から 教えて頂いている 美しさの哲学による恩恵です。 昨日、「ASAMI-PARIS…

オートクチュール

by
美しいクラシック音楽や オペラを聴いていると 不動のエネルギーを感じる 時が流れても、時代が変わっても 人の心に触れ続け 色褪せることが決してない そう、この感覚である 今はインターネットのお陰で 様々なサービスや情報を 受け取ることが出来るが それでも出来ないものがある それは 肌で感じるエスプリである 私が提供するオートクチュール レッスンとは、素晴らしい カメラを何台と駆使し臨場感を 別の場所で感じたとしても決して 体感、体現することは出来ない この空間にエスプリが 溢れているからである…