Posts by type

日本語

私の独り言

by
久々の電池切れである バカンスから戻った一週間は 想像以上に忙しさを超えて 忙しいとは言葉にはしたくないが 時間の組み立て方がパズルであった それを知っていたからこそ バカンスでは思う存分 地中海のエネルギーと共に Lazyの日々を満喫してきた どこにも捧げる時間がないため 早朝に英語のレッスンを毎日 強制的にでも入れることで自分に 鞭を打っているが、その分、仏語の 勉強の時間が減るため、就寝前に 持ってくることでバランスを保つ 私の身体の個性上、そして体力と 精神力を使う仕事のために 睡眠時間だけは絶対に削ることは 出来ないため、正直に難しいが 未だ未だ、無駄な時間を削ることが…
View post

ハイヒール×美しい脚

by
女性の脚とは良くも悪くも 瞬時に変化をしやすく これは歩き方に見事に比例する 日本よりお越しのクライアントが 現在、5日間連続で オートクチュールレッスンを受けて くださっているが、彼女の脚も見事に 確実に変化をしている 彼女の場合はプレタポルテコースと エクササイズビデオでのエクササイズ を通してでも変化はしているが意識の 高い彼女は毎回、脚の写真を撮っている そのような意識の高い彼女でも オートクチュールレッスンとは プレタポルテとは別格であると 初日のレッスンから毎日、私に 興奮と共に伝えてくださる オートクチュールの一回目とは 他の方も仰るように、何となく 掴めそうなところで終わってしまい…
View post

私のバカンスの過ごし方

by
バカンスの余韻もなくプレタポルテが 始まり、火曜日から日本よりお越しの クライアントとオートクチュールが始まり バカンスのことを綴るのは遠い昔の記憶を 辿るようである 先週の一週間、私にとっての楽園である 毎日がLazy dayとは真逆の生活を生きて おりますが、それでもたくさんの休養を 取ったために、どんなに忙しくとも余裕の 心である豊かさを感じながら日々を生きる ことが出来るので、バカンスとは余暇であり 人生の投資でもある 奇跡のバカンスで綴ったPeterの バスポート事件があったので、船に 一歩、踏み入れることが出来た時は 人生で味わったことがない歓びであった 乗船する入り口は船の4階のため 船に乗る前に長いエスカレーターが あるのだが、この自動階段が私には…
View post

イギリス人家族との素晴らしき出逢い

by
愛するCannelleのことは 1日足りともバカンス中に 思い出さなかったことはなく それどころか行きの飛行機で 彼女のことを想うあまり号泣 7ヶ月前は、動物と遠いところで 生きていた私がこの有り様である(笑) バカンスから戻りCannelleは 非常に赤ちゃんになり、甘え 昨日の夜は一晩中、私の頭の上で 眠りながらも喉を鳴らして歓び 私は有難くも嬉しく一睡も出来ない ほどであり、今朝のストレッチも 彼女に濃厚に甘えられ阻止された 朝であった それほど、彼女にとっては 過酷な一週間であったのだが 又、Cannelleのことは別の 機会に綴らせていただきます 今回の奇跡のバカンスの恩恵は…
View post

奇跡のバカンス

by
一週間のクルージングバカンスを 満喫し、本日、パリへ戻りました 久々にパソコンを開くと多くの メールを頂戴しておりまして 一週間もキーボードを打たないと キーボードを打つ指の筋力も衰え 頭のキレも仕事に慣れないところ もあり、ぎこちなさもあり・・(笑) 今回のバカンスも素晴らしい 旅であり、特に人、出会いに 恵まれた地中海クルーズでした 私のお話しを心待ちにされている方も いらっしゃるのを存じているので 少しずつ綴ってゆきますが、それよりも 何よりも私たち夫婦の思考の力を証明した 奇跡について綴らさせていただきます 単刀直入に、私たちのバカンスは 船に乗るまで保証がないバカンスであり バカンス前の二週間前からバカンスだと 純粋に歓ぶことが出来ないものでした…
View post

明日からバカンス

by
こんなにも雪崩れ込むように バカンスへ突入するのは 人生で初めての経験である そこまで仕事が充実をしているのは 有り難いことで、心から感謝一杯で 今、このBlogを綴っている バカンス中はインターネットの環境が ないため、メールを確認する事も出来ず そのため、コンサルティングの方々には この期間の課題を与えさせていただいた プレタポルテレッスンを定期的に 受けていらっしゃる方々にも 本来ならば一週間、期間が空くところが 最短で二週間の期間が空いてしまう 定期的に受けている方は身体も繊細で 意識が非常に高い分、不安を抱えて いらっしゃることも分かるため、今週の レッスンでは、私がパリに戻るまでの 期間で意識を入れていただきたいところを バカンス前の最後のレッスンの身体の状態を…
View post

カトリーヌさんの卒業

by
パキッとした女性になりたいのです 今となっては二人の間の笑いのネタ となっているが、カトリーヌさんが コンサルティングを初められた当初 このような女性にさせてくださいと お願いをされた言葉であった パキっとの意味とは Chanelが仕事に立つ時の姿や 雰囲気を表現したものであったが 今はカトリーヌさんはご自身の 追究と、努力の結果、手にされた カトリーヌさんをプロとして High-heels Coachとして 創りあげていく上で、時には ご自身に向き合って頂くことや 彼女にとっての難題な課題も 与えさせていただきながらも 彼女は一つのことに丁寧に向き合い コツコツと階段を昇り、今に在る…
View post

上には上がいる

by
私が最も尊敬する職業で綴ったが このプロフェッショナル魂とは、と 感嘆をしているのがクラブのママである 今も変わらずに私が 最も尊敬をする職業である パッケージコースのお申し込みを いただいた際に、銀座のクラブの ママをしており、合わせて自分の 仕事が気に入っていますとメールを 頂戴したMikikoさん パッケージコースとは15回のSkypeを 通してのプレタポルテレッスンと その後、パリでのオートクチュールを 3回受けていただく1ヶ月間の特別な 集中コースである 今回は私のバカンスや8月に於いては オートクチュールレッスンが重なり スケジュールが難しく通常の1ヶ月では なく、6月末から15回のプレタポルテを 開始したが、それでも週に2度から3度…
View post

時間を有効的に使う

by
二ヶ月間の学校のバカンスでは あるが、centre de loisirsと 云うバカンス中に子供達を遊ばせて くれる場所へPeterを預けることが 出来るのは有り難い限りである しかし、一方で場所がいつもとは 遠いため、届けて帰ってくるまでの 往復で通常の2倍である30分近くを 要するため、朝一番のレッスンに 間に合わせる迄の緊張感は相当である しかし、慌てる感情が少しずつ 良くないことを引き起こす事を 心得ているため、心の豊かさが 壊れぬことだけは努力をしており 時間の豊かさを生み出すことで 自分の心の豊かさを創っている そうすると心の余裕が生まれ どんなに過密なスケジュールでも…
View post

ハイヒールの哲学 第5章 「ヒール?爪先?」 

by
本日は7月10日 ASAMI-PARIS CLUBを通してお届けした ニュースレターをご紹介します ハイヒールの哲学 日本語版 第5章 「ヒール?爪先?」 ハイヒールで美しく、健康的に歩く為に 最も大切なことは、地面に着地する瞬間です。 「貴女は踵から着地をしますか?」 「それとも、爪先側から着地をしますか?」 答えは、決してヒールから着地をしてはならないことです。 ヒールから着地をするということは 着地時に膝が曲がる傾向にあります。 膝が曲がると云うことは母子球に体重を 乗せることが出来ません。 母子球にピンポイントで体重を乗せる ことが出来なければ、私たちの体重は 足の外側に体重が流れ、その結果…
View post