BLOG

Categories

真摯な想い

by
それは、まるで一本の映画を 見終えたような深い感動に包まれた 途中で感極まり、涙が込み上げた 私の心に深く突き刺さり 感動して魂が震えるとは このようなことであると 強く自分の感情を味わった このようなレベルの魂の感動とは 「今」この世界で生きている いや、自分が生かされていることを 改めて伝えてくださった映画のような 特別なものであった LABORATOIREのロゼさんの 先週、行われたモニターレッスンの チェックが終わり、画面上にも 関わらず、最後は胸が一杯であった 画面越しではあったがCoachとして 立っていたロゼさんは普段、私が 目にするクライアントとしての彼女で なかった…
View post

「声の哲学」がオーラを創る理由

by
今朝、私の目覚めは筋肉痛であった 脚は勿論のこと、人生で生まれて 初めてダンベルを持たずして 上半身の酷い筋肉痛を経験した ハイヒールレッスンにも関わらず 上半身の筋肉痛となる クライアントの方は少なくはないが 自分も経験するとは夢にも思わなかった 上半身のポジションを適切な箇所へ 正すにも全ては筋肉であり 正すだけではなく、正しい位置を保つ ことも全ては筋肉と筋肉の意識である 我が仕事ながら恐るべし ハイヒール効果であり ハイヒールの力とは偉大である ハイヒールのエクササイズ「基礎編」を 販売時に次回の「応用編」のビデオを 公開する時はプレ販売を行い、その方々へ 30ユーロオフで期間限定で提供をさせて いただきますが、その際に購入する機会を…
View post

撮影の舞台裏

by
日曜日の夕方 シャンパーニュと共に 愛するピアノへ向かった ピアノを弾くと自分の状態が ハイヒールのように分かるが 想像以上に疲労しているのだと 自分の奏でる音から感じる そもそも、奏でるレベルまで 達していないが、それでも 久々に全身全霊で燃え尽きた 私の身体がシャンパーニュの 泡が私の細胞の隅々まで到達し 私の全てを救ってくれた エクササイズビデオの撮影が終わり ご褒美であるシャンパーニュをと 外へ出た瞬間に我ながら非常に驚いた 両方の脚の膝上近い内腿が 重度な筋肉痛を発症していた 毎朝、エクササイズは欠かさず 毎日、クライアントとのレッスンを…
View post

ブレない軸と人生の調和

by
私の日常の生活に於いて 絶対に欠くことが出来ないもの それは音楽とワイン、そして花である これらに直結している共通点は 感性で感じることが出来るものであり 私自身のエネルギーを生み出すもの 私を創るものとはエネルギーであり エネルギーには、頑なまでに繊細に 自分の生きる軸として重きを置いている この場所で心で感じ生きること 私が愛するパリのエスプリと融合させ ハイヒールを通し、仕事を通し エネルギーを循環させているに過ぎない [caption id="attachment_15605" align="alignnone" width="240"] サロンのピンクの薔薇より[/caption] Facebook Officielより…
View post

夕刻の美しい瞬間

by
「出会い」と「出逢い」とは 双方の一方が1秒たりとも狂えば 現実に存在することはない 何と云う奇跡的な世界であり 美しい世界であろうかと 私の魂が静かに、そっと高鳴る 瞬間的なエネルギーの衝撃を受けると その強さから頭痛が起こることは これまでの人生に於いて一度もなかった それは数ヶ月前からのことであり 今日で数回目となる類いの頭痛も 私が強い衝撃を受けた時の証である 一方で目に見えない力が働く時とは 此れほど迄の純粋で強くも 美しいエネルギーが必要であるのかと 自分の魂が在りたい場所とは 此れほどのレベルであると 改めて気づかされたようであった 魂が惹かれる世界ではなく まさに魂が奪われる世界…
View post

女性として歩く幸せ

by
「Peterと同じフランス語の  レベルだから、この本は私たちに  適しているね!」 「僕の方がママンより  フランス語のレベルは上だよ」 同じ7年でも子供の7年の脳と 大人の7年の脳は全く異なり 敵わないが、息子から自分より レベルが低いと言われている状況 当たり前であるため、腹は立たないが 危機感まではいかなくとも 一種の軽い緊張感は、以前から感じている その緊張感とは自分の子供が 何を言っているのか分からなく なってしまうことであるが 母として、これほど残念ことは ないと思い、一方で覚悟してきた 小学生になってからレベルが格段に 上がってしまったPeterであるため 仕事のためのフランス語の勉強もあるが…
View post

食に対する私の価値観

by
パリに暮らしている利点の一つは Bioのショップが多いことである しかし、私が知っている日本とは 7年も前であり、今の日本はParisより 多くのBioのショップが多いと思う 便利なのはPeterの小学校の近くに Bioショップがあるため、野菜や 果物は勿論のこと、パスタなどの 日常食品を必要な時に必要な分だけ 調達することが出来る事が便利である 私はフランス人に苦笑されるほど ワインを口にし、動物のfatが好きで レストランで肉料理を注文する際に 赤身だけであれば肉料理はオーダーせず それであれば魚料理へ変えてしまう ディナーは三食の中で最も比重が重く その上、食してお腹一杯で眠るのが 幸せであり、そこに喜びすら感じている それでも昔の私は逆の食生活だっった 朝食は最も比重が重く、胃に入れたら…
View post

ビジネスとは何か

by
《Asami-Paris》のコンサルティングは ハイヒールコーチになるためのコースだと 思われている方もいらっしゃるかも 知れませんが決して、それだけではありません。   私も、このコースが開設された当初は ハイヒールコーチになるためのコースだと そのように思っていました。   受けてみたいという思いはありましたが ハイヒールコーチになるかどうか サロンをオープンするかどうかも 分からないのに、このコースを受けて 良いのだろうか・・・と迷いもありました。   コンサルティングを卒業し 4ヶ月ほどになるのですが 今更ながら、声の哲学、人生の哲学 ビジネスの哲学が、ジワジワと 効いてきているように感じています。…
View post

愛する二つのエスプリ

by
この週末は、正確には金曜日の 夜からであったが、Peterと父の 誕生日で賑わった週末であった 昨夜、我が家での宴が終わったのは 22時を過ぎようとしていたところで あったが、それだけ笑顔に包まれた 愛する二人の合同誕生partyであった [caption id="attachment_15473" align="alignnone" width="300"] 10歳のNoemiが作ったレモンのタルト[/caption] アペリティフの時に、Peterは BEETHOVENのEcossaiseを 私はChopinのValse op 69 No 1を 片手にシャンパーニュと共に披露した…
View post

フランス国籍取得へ向け

by
昨日、ようやくフランス国籍を 取得するために必要な全書類を la Préfecture de policeへ 郵送をすることが出来た 11月に国籍取得のための フランス語の試験を受け 一ヶ月後に合格通知が届いた その後は、日本にいる弟に 必要な全戸籍を取り寄せてもらい その戸籍を元に大使館へ証明書の 依頼と大使館では足りない書類を 法定翻訳家に依頼をしていた その他、フランスに住んでいる 証明の各書類や税金関連や光熱費 などの支払いの書類が山のように 必要であり、量にして500グラム 私一人の力では絶対に成し得る事が…
View post