Browsing Category 生き方・価値観

私が美しく在りたい理由


Monday, October 16, 2017
詳しくは覚えていないが 恐らく、バカンス前の初夏に 私は、あるマダムと遭遇した 未だPeterが幼稚園へ通っている頃 あまりにも衝撃が強く もしかしたら、いつの日にか Blogで綴っているかもしれない マダムは60歳から70歳であろうか 白髪で整えられた短いヘアスタイルが 印象的で、毎朝、犬の散歩をしていた 真っ白なパンツスタイルとスーツ姿 フランスマダムでも格式の高い マダムであり、姿勢も素晴らしく 凛としてシックな雰囲気に私は 完全に虜になってしまったのである マダムが日課である犬の散歩と 私がPeterを幼稚園へ届ける 日常のお互いの導線は変わって いないであろうにも関わらず その時までは、遭遇をしていない…
View post

「人生」は如何なる時も美しいのである


Saturday, October 14, 2017
Makeup Lesson in Tokyoで 紹介をさせていただいたことで 多くの方からご連絡をいただきと Junkoさんよりお礼のメッセージを 頂戴していた 昨日、一昨日とJunkoは終日 撮影であったために、お一人 お一人へのお返事が遅くなる ことを綴られており、メールを いただいた順番にお返事をさせて いただきますとの言葉もあった 当初は二日間の予定であったが 一人でも多くの方にと云うことで 前日のフライトの時間を早められ 19日にもプライベートレッスンを 開催されるとの事で、心から嬉しく 幸せな気持ちで一杯である…
View post

一流の真髄を知る


Wednesday, October 4, 2017
Givenchyは1952年に貴族出身の ユベールドジバンシィが 都会で強く、美しく、働く女性の為に オートクチュールを日常着に表現 メゾンを創立致しました。   現代を美しく生きる女性の為に   創立地のパリにて、それを纏えること どれほど素晴らしいエネルギーであるのか こちらの言葉は私の愛する彼女が GIVENCHYの真っ赤なコートを 手にした瞬間、私に贈ってくださった メッセージであった 毎朝、鏡に向かってのエクササイズは 本来は裸に近ければ近いほど 身体の状態が確認出来るためbestである GIVENCHYのコートを羽織りながらの エクササイズに衝撃を受けてから、毎朝 このエネルギーと共鳴すべく、放たれる…
View post

「今」が未来を創る


Thursday, September 28, 2017
残り僅かとなった2017年9月 今月に入り、今の私が自分の未熟さを 目の当たりにしながらも、目指したい エネルギーが明確となり、成長したい 一心で怒涛のように生きた日々であった 人生は一定のリズムが流れている 訳ではなく、その時、その環境に応じ 波のような変化が起きている 人生の勝負だと思った際には 頭より先に「魂」が心の声を聞かずに 動くが、私のこれまでの経験から 魂が求めた上での行動は間違いない このように信じている 時には葛藤をしながらも自分の魂に 忠実に生きてきた私は、それでも尚、 自分の知らない世界があるのだと 衝撃的な驚きと共に、その世界を知る ことが出来た歓びと感謝で満たされている 自分の知らない世界に触れた瞬間 宇宙に包まれているような感覚であり…
View post

頑なに愛に生きる


Saturday, September 23, 2017
明日、私の愛する彼女が LondresからParisへ到着する バカンスでロンドンを訪れている 彼女から届くメールのエネルギーが いつも以上に崇高なものを放っており どれほど美しい瞬間を過ごしているか 彼女が細胞レベルで幸せを感じ 生きているのが伝わり それは私をも幸せにさせてくれる 私は女性として異性に恋愛感情を抱くが 究極、この世界とは異性も同性も 関係ないと思っており、特に異性間におき 愛する人は一人だけであると定めることも 人間のエゴではないかと最近、思うのである 勿論、これがないと現代に於いては 社会的秩序が乱れてしまうので 法律による規制は賛成ではあるが それでも愛するハイヒールは一足だけ ではなく、愛する香りも一つだけとの 法律がない中で、何故、人と人の間では…
View post

美しく生きる術


Monday, September 18, 2017
真っ赤なGIVENCHYのコートを 羽織りながら、常に感じること 投資した以上の価値があるのは 云うまでないが、これ程までの 高い波動と共存して生きるには 自分が醸しだすものが未熟である と冷静に感じている ただ、一方で、これを日常着とし 纏うことで確実に鍛えられており 魂を奪われる美しき赤のコートが 私の境界線のラインを上げたのは 事実である これは、ハイヒールに於いても 同じことが云えるが 一流のハイヒールに依存せずに お互いが自立した関係で生きるとは 女性が凛として生きる大前提である 私が赤のコートやルブタンのような 芸術のような作品を纏うことで 「美しくしていただこう」と思えば…
View post