Browsing Category 生き方・価値観

現世界を変えるのは女性である


Monday, January 22, 2018
流石、今朝は起きれなかった 昨夜、いつもの時間に起床するのは 無理だと解っていたため、目覚ましを 6時へと遅らせたが、それでも撮影の 疲れが身体の痛みへと変わっており ストレッチだけを行いエクササイズを せずに身体を休めることに徹底をした それでも、疲労からくる身体の 痛みが取れず、レッスンとの合間 シエスタをし、それを繰り返し 最終のレッスンが終了してからは ベッドに身体を預けて、とにかく 眠り姫のようにひたすら眠っていた 「Cannelle,on va faire la sieste !」  (カネル、お昼寝するよ)…
View post

「愛」と「美」の法則


Wednesday, January 17, 2018
昨夜、ベッドに就いても 私の意志に反し、脳が眠くならず 一睡も出来ずに水曜日の朝を迎えた 理由もなく、脳が高揚して 眠れないとは不思議であった 2018年が始まり、半月が過ぎたが 穏やかな日々でありながら どこか濃厚な日々のようでもあり 自分に宿る空気感が変わったのは 根拠はないが、何となく強く感じる 直感と閃きが降りて決断した Peterと二人だけのMonaco バカンスの影響が非常に大きく 今、考えると、これも意図して 仕組まれた大きな流れの一つに 過ぎないと、それからの現実を 考えると断言が出来る あの時の決断は間違っていなかった エネルギーだけで人生を切り開いて いる私が更にモナコでの僅か一泊の…
View post

美学と感性


Saturday, January 13, 2018
如何に自分の世界に浸れるか これが外の世界に揺らがされる ことなく、生き続ける方法である そのための方法は手段問わず であるが、私の場合は崇高な 音楽であるのは間違いない J.S. Bach Goldberg variations, BWV 988: Aria 以前にも何度か紹介した こちらの曲は私の魂の泉であり 愛する人を想う Goldberg variationsは 変奏曲であり、私はNo30の こちらの曲も大好きであるが…
View post

人生を高める秘訣


Monday, January 8, 2018
私たちが生きている世界とは 何と奇跡が幾重にも重なり合い 奇跡の連続の中で生かされ 生きているのであろうと感嘆する もし、メールの返信をしていなければ もし、あの時、手を止めなければ もし、朝の空気を感じたいと思わなければ 「もし」を挙げるとキリがないが 今朝の奇跡とは僅かな時の狂いが 数秒でも狂えば出会えなかった奇跡 それも私だけのタイミングでは 奇跡は起きず、全ての歯車が 噛み合ったからこそ、数秒と云う まさに瞬間の美しさを味わう事が 出来た魂の歓びと幸せ まるで映画のようなワンシーンに 胸が一杯であり、暫く、これだけで 生きていけそうな瞬間的な光景だった 例え、僅かな瞬間であっても 現実に齎してくれた奇跡の背後を…
View post

私が惹かれる「強さ」


Sunday, January 7, 2018
これは個人的な私の主観だが 「この人、強い」と感嘆するのは 普通の人であればオブラートに 包みたいであろうことを、さらっと 曝け出すことが出来る人である 何故、主観であるかと頭に置いたのは それぞれ良しとするものや価値観が 異なるため、私個人の意見でしかない 私の人生とは絵に描くような 格好良いことばかりではなく 人が真正面から生きるための 代償である向き合う泥臭さから 人生を学び、今があり、それは 今後も、この生き方は変わらない その過程である通過点の出来事を 他の方は隠したいであろうが 私はそれをBlogで何の躊躇いもなく 綴ることが出来るのが、人から見て 格好悪いと思われようが、一生懸命 生きてきた私の人生の一部であり…
View post

やはり、波動が全てある


Sunday, December 31, 2017
2017年最後のBlogは バスローブを羽織り モナコの海を感じながら 月光浴をしながら綴っている 満月まで間もなくであるが 夕方、部屋のテラスで撮った一枚 その後に、Peterとアペロをし 17時30分過ぎ頃だったと思うが ホテルの前で撮った一枚 月の光線の強さに感動し 普段は撮らない月の写真を 思わずカメラに収めた Peterとモナコでの滞在についても 綴りたいところであるが、やはり エネルギーなのだと改めて深く感じた こともあり、小さいながらも自分が 信じているエネルギーについてを今年 最後のBlogとさせていただこうと思う 2017年の夏の終わりから私の人生は 大きく変わったが、バッハが作曲した…
View post