ブレずに生きる術

by

音楽とは自分の波動を教えてくれる



美しくも崇高なクラシックとは
それだけで魂が震え、高揚するが
その時、その瞬間で無性に惹かれて
止まない曲とは変化する



この数日、私が惹かれ何度も
聴いている曲はWagnerの
Die Meistersinger von Nürnberg



何度と耳にしても飽きず
今の自分の波動に合っている
心地良さを感じてならない



今朝もPeterを小学校へ届けた帰り
この曲を聴きながら
胸一杯、細胞に届く程に深呼吸をした



そして家の前の通りに入った瞬間



その幸せは最高潮に達した



以前にも何度か綴った事があるが
Wagnerは同じ通りに住んでいた



彼の時代は想像が出来ないが
それでも時を超えて
Wagnerの曲を聴きながら
彼が住んでいた通りを歩くとは
何と豊かで贅沢な瞬間であろうと

 

Wagnerのアパルトマン


私はクライアントを抱えており
責任もあり、仕事人ではあるが
その前に、自分が生きることの
芸術家であると自覚し生きている



自他共に認めていることの一つ



それは私が決してブレないこと



様々な理由があるが、一つは
自分がクライアントに合わせる
ような仕事の流儀でないこと



勿論、クライアントの個性を
引き出し、開花させるため
レッスンの中では等身大となる
目線は必須である



しかし、ここで私が意味するのは
自分がクライアントに同調する事で
自分の波動が1ミリ足りとも消えて
しまうことはないと云うことである



愛と同調は異なる



自分がブレてしまえば
クライアントもブレる



これからビジネスをされる方は
自分が如何なる時でさえも
ブレずにいられるかが大切なため
如何なる時もブレないための軸を
持つことは必須であると云える



お金を頂戴すると云うことは
スキルや知識を与えるだけではなく
自分が持つエネルギーがダイレクトに
クライアントへ届くと云うこと



そして、別な理由である私が
ブレない理由は、崇高なパリの
エスプリを深く愛していること



パリの崇高さが変わらないため
パリのエスプリに錨を下ろす私は
人生の光も闇を味わっても
決してブレることがないのである



生きることは芸術である



誰の人生にも云えることであり
生きることを芸術とするか否か
それは私たちの選択でなかろうか



それは例え自分が母であっても
仕事で責任を抱える立場であっても
家庭を支える立場であっても
現時点で人生にゴールがなくとも



やはり、私たちの人生とは
唯一無二の芸術なのである



Christian Dior



美しき音楽や芸術に触れると
私たちの魂は心が震え、崇高な
エネルギーを受取る事が出来る



これだけでも素晴らしいことだが
それを自ら創り出すことが出来る
と思考の転換を、今、この瞬間から
行っていただきたい



ブレずに生き続けるために
崇高なエネルギーを生み出す
美しい波動とは必須なのである



人生とは綺麗ごとではないが
如何なる瞬間も
私たちの人生は美しいのである



私が最近、惹かれて止まない
Wagnerの曲とエスプリが
貴女の素晴らしい今と未来を
称えていることを忘れないで欲しい



Die Meistersinger von Nürnberg