世界レベルの美意識

by

私は今の場所を心から愛しており
それは便利な場所と云うよりも
ここで暮らすエネルギー全てである



素晴らしい界隈でも通りにより
宿るエネルギーが異なるのが
パリの独特さであるが、私が暮らす
通りに宿るエネルギーは心地が良く
この通りを歩くだけで誇りに思う



そして、アパルトマンの扉を開く時も
私は毎回、自分に誇りを感じるほど
自分のアパルトマンに宿るエネルギーを
愛して止まない



豪華ではないが、洗練された空気と
アットホームな空気が融合された
エネルギーに私はいつも感動しており
こちらに越して三年が経つが、毎日
毎回、私の感動は決して止まない



それはパリのエスプリを愛する
私の魂と完全に重なり
ようやく見つけた自分の住処である



個人主義フランスでありながら
人間味の懐の深さは昔の日本人が
持っていたものと同じである



特に、私が暮らすアパルトマンの
住人の方々は丁度、良いバランスで
持ち合わせており、管理人の男性も
住人から好かれる程、良い仕事を
してくれるため、彼がバカンス休暇で
いない時は私の調子も狂うほどである



全てが私にとり、Perfectであるのが
今のアパルトマンであり
私の歴史を振り返っても感無量である



私の人生に於いて、ここまで
自分が愛せる場所に暮らせること
特に以前の主人の母の介護をして
いた時とは愛することが出来ない
土地や家、家の中の環境であった



人生も絶望的な環境の中で
生きてきた時期があったからこそ
有り難さへの想いが深く
眩いばかりの光と愛に満ちた今の
環境が一層、愛おしいのである



私は、将来的に何かの御縁が
あるのではないかと感じて
ならないほど、道端でお会いする
スーツを纏い、愛犬と散歩する
恐らく、70代であろうマダム



時間や通りに関係なく本当に
お会いするのだが、今朝は
Peterを学校へ届けたあとに
用事があったため、別の道を通り
時間も少し遅い時間であった



しかしながら、予想もしない
場所で彼女にお会いしたのである



彼女は、いつものように
愛犬の散歩中であり真っ白な
上下のスーツを纏っていた



いつもと異なるのは、彼女は
ある男性と会話を楽しんでいた
ことであるが、私が挨拶すると
マダムは男性にこの言葉を伝えた



彼女は、この界隈でも
最も美しく、エレガンスな女性です



予期せぬ言葉に私は笑顔で
「Merci. Comment allez-vous?」
とお礼の言葉と調子は如何ですか
と聞き返した



称賛をされるために、美しく
生きようとは
全くもって思っていない



しかし、それでも何方に
称賛の言葉を予期せぬ形で
贈って頂けるかは更に精進を
しようと思えるものである



日本の感覚ではピンとこないかも
しれないが、フランスは目に
見えない階級社会と、払拭出来ない
アジアに対する偏見があるのも事実



そのハンディキャップを超えて
彼女は私のことを、称賛して
くださり、それを私が彼女を
知っているのよ、と自慢に伝えて
くださる姿に心から有難いと思う



この瞬間も愛らしく、たまらない



このように階級の高いマダムは
やはり靴を見ている
一流の方は全てを知っている



先週、ASAMI-PARIS CLUBの
ニュースレターで配信した
内容にLa tour des Esprits
neneさんがBlogを綴られた



自分で思っている以上に
しっかりと他の人から見られているのです
そして、それが自分自身の評価にも
繋がります

 

美しい靴を履いているでしょうか

 

その靴は、きちんとお手入れ
されているでしょうか

ヒールのメンテナンスはしているでしょうか
美しい歩き方をしているでしょうか

 

その逆を想像してみてください
そのような人を見て、あなたは
どのような評価を下しますでしょうか

 

アメリカ出張時に他界された
会長の御墓参りでの一言に
綴られておりますので、是非
ご覧になられてみてくださいませ

 

『ハイヒールの哲学 第19章』より

 

貴女が一流の世界の方々と出会い
人生を共に過ごしたいと感じるならば
自らのエレガンスの感度と動作を
全て改めなければ、別のステージへ
いくことは出来ない



特に欧州や海外で生きることは
日本の美意識とは全く通用せず
日本で如何に成功をしても海外で
成功することは確かではない



そもそも、今の時代に於いて
海外と日本の価値観があまりにも
大幅に開き過ぎており
このギャップとは何かを埋めなくては
日本では名誉があっても、成功しても
海外では切り札には全くならない



日本での成功は海外で意味を持たない
その土地でゼロから積み上げる
残念ながら、これが今の現状である



しかし、本当に自分の未来を望み
世界レベルで生きたいのであれば
視点と努力の矛先を変えることで
未来は幾らでも可能性があることも
忘れないでいただきたい



花を咲かせるか、窄みのままで
終わるか
全ては貴女次第なのである