限界の限界

by

冷たい雨が降りしきる
静かな日曜日のParisの夕方



私は片手にシャンパーニュを抱え
ショパンの曲を聴きながら
雨のパリとショパンが奏でる曲の
美しき融合に感動しながら歩いていた



全ての疲れを流してくれ
ただ、ただ、耳を傾け
ただ、ただ、心を傾け
静寂した時に酔いしれていた



そして、今はシャンパーニュと
ショパンの音楽が私の身体を癒し
愛するパリのエスプリを感じながら
少しずつ身体の回復を待っている



冗談ではなく
久々に泣きたいと思った



今日は朝から、ハイヒールの
エクササイズ実践編のvideo
撮影を行っていた



11月末に機材を借りて撮影をしたが
妥協が出来ない二人は、撮り直しを
決め、本当は1月初旬に行う予定だった



しかし、私が昨年末に体調を崩し
その延長で声が出なくなってしまい
撮影当日までに声が復活することも
危うい状況であったため、延期させ
今日に設定をしていた



それまでに再度、スクリプトも洗い直し
彼は撮影が終了したら、なるべく早く
videoを公開が出来るよう、11月時に
撮影をしたvideoをベースに編集の土台を
済ませている状態であり、万全の体制で
撮影に挑んだ



唯一、残念なことが
メイクアップアーティストの
Junkoさんが日本出張のため
パリにいないことである





昨夜は撮影のために私は早く
就寝をし、彼は夜、遅くまで
機材の準備を念入りにしていた



そして、朝、撮影を始めると同時に
撮影の大変さとは、このような事で
あったと苦い経験を思い出した



彼が幾ら前夜に準備をしても
私と云う人間が入る際に
照明の当たり具合であったり
カメラテストであったり
4台のカメラと4つの照明を
使うため、それぞれの微調整に
想像以上に時間を要する



少しでも動くと照明やスポットが
狂ってしまうため、座る事も出来ず
立った状態で待っていないとけない



夕方、降りしきる雨の中を歩き
思いだしたことはスタンドインの
仕事であった



モデルの世界に入った駆け出しの頃
スタンドインの仕事をした事があり
これはCM等の撮影で主役の女優役を
スタンドインを承った人が本番に備え
照明やアングル等のカメラテストを
徹底してお付き合いするものである



そしていざ、全てが整うと
任務を終えて主役の女優と
交代し、その場から去ると
云う代役以下の仕事である



その時は、僅かなチャンスがあればと
思い、喜んで引き受けていたが
それでも代役以下の仕事には変わらない



ただ、長い年月を経て感じた事は
スタンドインの仕事を誰かにお願いを
したいと思ったほど、本番前の状態が
本当に大変であった



カメラ、撮影、編集を担当する
彼には絶対に妥協しない分野であり
そこに疎い私にはモチベーションを
保つのが一苦労であった



そして、何と云っても同じ場所に
その場に立ち尽くしていなくては
ならず、さすがに脚の浮腫みも感じ
撮影前から体力勝負であった



いざ、撮影が始まると頭に叩き
込んだスクリプトがカメラの前で
何度も間違えてしまい、身体を
動かさない状態の段階で想像以上に
脳が疲労していた



私はカメラの前で話す際に
物凄いエネルギーを込めて
話すこともあり、脳の疲労より
エネルギーの放出疲労である



ようやくハイヒールの実践編の
エクササイズへ移る時には
母子球がどこに在るかも分からず
脳も働かず、バランスが取れない



おまけに、顔も疲労しているのが
鏡を見ても分かり、プロとして
どうであろうかと思ったが、自分の
顔はどうであれ、身体を動かさないと
いけないと必死であった



この時にオートクチュールレッスンを
受けているクライアントの気持ちが解り
又、昨年のフランス語でのエクササイズに
挑んだ時の苦しさを思いだした



苦しくて、悔しくて、泣きたいと思った



しかし、今、この場所に私以外に
出来る人はいなく、機材をレンタル
しているため、時間のリミットがある



諦めたくても諦めない事こそ
正直に、キツイものはないと
心から思った



限界は既に超えている状態であり
マラソンの30km以降の苦しさも
思い出したが、それほど自分との
闘いの撮影であった



だからこそ、ゴールが見えなかった
撮影を終えた後、ご褒美のために
雨が降りしきる中、シャンパーニュを
購入しに行き、美しきパリの空気に
全ての身も心も委ね、ショパンの曲を
感じながら歩いている時



完全燃焼したからこそ
得ることが出来た幸せだった



プロフェショナルなのに
浮腫んでいる脚を披露して
良いのですか?



仮に、このような事を言われても
正直に、私にはどうでも良い



そこでプロフェッショナルと言われ
なければ、それまでであるが
そこに挑んだ私のエネルギーとは
限界の限界であり、それが人からは
美しく映ることがなくとも、私の中で
これ以上は出来ないと云うレベルまで
到達したからである



今度はスタンドインが必要だと
勉強になったのは一つであるが





ハイヒールのエクササイズ実践編は
第1巻と第2巻に分かれており
現在は、第1巻のご案内となります



各ビデオは5章ずつであり
最終的に10章のエクササイズと
なります



第1巻は2月、遅くとも3月には
発売予定であり、各videoは
250ユーロでの提供となります



ハイヒールの実践編前に
ハイヒールに必要なストレッチと
素足のエクササイズで土台を
創りあげておかれることを強く
お勧め致します



ハイヒールとは女性が美しく
生きるために絶対に必要であり
凛として自分の軸で生きる為に
必須なアイテムである



videoを通してのエクササイズとは
扉を開くきっかけではあるが
意識の異なりで、どれほど女性の
身体が変わり、意識が変わるかを
体感出来る最も初歩的なものに過ぎない



ハイヒールで美しく歩く女性は
昨日の脳と同じく
身体の使い方、脳の使い方が他の
女性と異なるに過ぎない



それを知れるのがvideoのマジックである



そして、どんなに疲れ果てても
命や魂を削ってまで
伝えたい想いが、ここにある