Posts by type

日本語

理論と美論

by
Blogを綴ろうか数日も滞っている 英語のレッッスンの纏めをしようか そういう時には目先のことに とらわれず、自分がしたい事を 直感で決めるようにしているが 英語よりもBlogであった 時間がなく、何日も溜めている 英語を整理しなくてはならない ことは分かっており、そろそろ この溜め具合は、警告ランプを 放っているが来週は再び通常の リズムに戻ることで英語に捧げる 時間もあるため、今日までは警告 ランプを鳴らしておこうと決めた それでも、私が変わったのは 今週は記憶にない程、忙しく それでも早朝の英語のレッスン だけは必ず、受けていた 少し前の私であれば、真っ先に 犠牲にしていたところであり…
View post

誇りと真髄

by
現在は既に新規の受付をしていない プレタポルテコースであるが オートクチュールとの二つの柱が 現在の私には丁度良いバランスである Skypeを通してのプレタポルテとは 対面であるオートクチュールの確固たる 実績と経験と結果がなければ出来ない この世界を知らない方からみると 画面越しだから対面より簡単に 感じられるかもしれないが、自分が 見たいように見れない不自由さもある それも手で触り「こうであろう」と 推測を立てたものを確証して伝えきる ことが出来ないため、揺るぎない確証 これがなければ、画面越しに人を動かし メスを入れることは不可能である どのような動きを行い、何に注意を すれば良いかはエクササイズビデオが あるので、これと同じレベルであれば 正直、レッスンを設ける必要がない…
View post

Cannelleと私

by
愛猫Cannelleが眠る場所 それは毎晩、私の頭の上であり 一人と一匹で「T」の字が出来上がる これはバカンスに発つ前からであり バカンスから戻っても彼女の眠る場所は 変わらずに、私の頭の上で横に一直線 聞こえは可愛いが、眠りながら 私が寝ぼけてしまい、手が唐突に Cannelleの身体にパンチのような 形で当たれば「ニャン」と同時に その私の手が噛まれる 夢から覚めて、その現実に 「ゴメンね。でもワザとではないのよ・・」 と言ったところでもCannelleには 伝わらず、それでも翌日も変わらずに 気づくと、私の頭の上で一直線に眠っている 眠る前にCannelleが頭の上で 眠ることを想定していながらも 誤って、私の頭の上とベッドとの スペースを作らずに眠ってしまえば…
View post

頑固な私の生き方

by
バカンスから戻り、大きく変わったこと それは 感謝の濃度を濃くして生きること 今夏のクルージングバカンスでの 出来事と出会いを通して、改めて 感じた私は船の上で誓い、下船した 愛に生きている方であれば 「愛と感謝」は表と裏、腹筋と 背筋のように二つが一つである これは当たり前に分かっていることである しかし、それだけでは十分とは云えず 「濃度」と云うものが鍵であることを 今回の体験から得た私の財産であり この感覚を確かなものに出来たことは これから生きる上で大きな武器となった 私たちが生きている世界とは 一つの不変な法則が存在し その法則と共に生きれば生きる程 この奥深さを知ることが出来る 人のレベルがあるとするならば…
View post

世界基準の美しさ

by
私は、今日のタイトルの如く 日本基準ではなく、世界基準の美しさに 焦点を当てて、ずっと生きてきた それは現役であった頃からであり モデルの名刺とも言われる自分の 撮影の作品を集めたbookに対しても 自分の世界観を貫きたかった 当時、事務所の(鬼)女性社長から そのようなものは受けないので もっとナチュラルで当たり障りの ないものにしなさいと何度も指摘を 受けたが、bookこそ表現の世界だと 思っていた私は変えなかった 自分の世界観が表現出来ないならば この世界で生きている意味が分からず 仕事が取れなくとも良いと本気で思った 自分の本質を貫きたかった 同時に、当時から私の表現の場所は 日本基準ではないと感じており 世界で勝負をしたいとコネクションもなく…
View post

私の心を掴んだ女性

by
来週、オートクチュールを受けられる クライアントは8回目のオートクチュール となり、1年半ぶりのレッスンとなる方も いらっしゃれば、Les Capricesの凛さんが 初のオートクチュールレッスンに挑まれる ちなみに凛さんとバカンス明けに プレタポルテレッスンでお会いした際 私が思わず、驚き、口にしたほど 彼女の顔つき、雰囲気が変わっていた 指導者としての責任から私の目の前に 立っていた女性はクライアントより 寧ろ、一人のプロフェショナルとして 名前の通り、凛としたものを感じた 責任が伴うと云うことは女性を一層 凛とさせ、良い意味で近づけない オーラを放ち、同じくプロとして働く 私の立場からは本能的に惹かれるものを 彼女は持っている そして、もう一人…
View post

私の恋しいParis

by
毎年、8月になると同じことを感じ 同じことを毎年のように綴っている ような気がするが、8月のParisは 私にとりモチベーションが大変である 今週は一段とパリジャンが減り 平日にも関わらず、日曜日の朝の ような静けさであり、つくづく Parisとは人の生きるエネルギーで 街が創られているのだと嫌と云うほど 感じるのが、この月である Parisを愛している私ではあるが 人々が創るParisのエネルギーを 愛しているのだと解っているにも 関わらず、有難くも、これでもかと 思い出させてくれる8月のParis 昨日は昼食をとりながら ニュースを見ていると 大臣の方々も今日からバカンス であると、それぞれの行き先に ついて、めでたく報道されていた…
View post

卒業コンサルティング EMBELLIR

by
毎年、私の誕生日は船の中で 祝っていたが、今年からPeterの 入学に合わせてバカンスを早めた そのために、今年からはパリで 誕生日を祝うことになるが レストランが好きな私はCobéaで ディナーを祝うことも考えた しかし、自分の誕生日に何がしたいか それは感謝の気持ちを込めて husbandの父と祖母であるマミーを 我が家にディナーを招待をして Cannelleも含めて家族で過ごす事にした 私がパリで生きているのは 決して一人の力ではない 家族の支えがあってからこそ 生かされていることを 感謝の気持ちを表現する日に 自分の誕生日を捧げたいと思った 実は偶然にもMichiyoさんの 卒業コンサルティングの日と…
View post

私の芸術作品

by
何からお伝えすれば良いのか… 今の私には本当にAsami さんに対する 深い感謝の気持ちと幸福感 そして達成感しかありません。 あの5日間は、私の人生において 嘘でもお世辞でもなく、想像を越えた 忘れ難い日々でした。 少しの妥協も許さず、本物の美しさを 追求するAsamiさんと共に過ごせた事 本当に嬉しかったです。 正に5日間は武道で、私の身体は 確実に変わりましたが 最後のターンにおいては、真の自分に 出会え心が震えました。 何を綴りましても、伝えきる事も出来ず また薄っぺらく見えてしまいますが 本当に全ての一瞬が奇跡でした。 私の最高を引き出す為の 正に『オートクチュール』レッスンです。…
View post

結婚する前に必要なこと

by
ようやくリラックスをして 大好きなBlogに向き合える ことが出来る静まり返った 月曜日のゆったりとした午後 夏のバカンスの時期は平日でも 日曜日のような静けさであり レストランと云うレストランは 8月末まで閉まっているため この時期は外で食事をするとなると ブラッスリーとなってしまう それでもhusbandと二人で ゆっくりと時を過ごし 大好きな月曜日のランチの時を 過ごし、心から大満足である 昨日は午後から愛するシエスタを 堪えてPeter孝行のために 家族三人でルーヴル美術館の横に 位置するチュイルリー公園へ赴いた 毎年、この時期は期間限定で 遊園地になっており、彼が…
View post