Browsing Category Video

新たなVidéoについて


Tuesday, January 24, 2017
昨日、先月の「ハイヒールの哲学」 美しく魅せる膝のテクニック こちらのフランス語版を撮り終えた husbandとのスケジュールが 合わなかったりと予定よりも 大幅に遅れての撮影であったが フランス語のスクリプトを暗記 する作業には1ヶ月もの時を貰え 毎朝、暗記の作業だけはしていた 当初は、スクリプトを暗記するに 1時間30分の時を要したが、最後は 10分で事が済むようになっていた 実際に撮影に於いても、丸2日間も 要していたのが、2時間も掛からず 撮影が終わり、疲労感が全くない さすがに今朝、目覚めた時は 少しの疲労感はあったが しっかりと準備をすれば こうも変わるのかと驚いた 9月の「ハイヒールの哲学」…
View post

美しさの哲学 最終章 「女性の性を開花させる」


Thursday, December 8, 2016
2012年1月から3週間に一度 私はメイクアップアーティスト Junkoさんに足と手のネイル まつ毛パーマをお願いしている 先日、日本からパリへ戻った Junkoさんよりラーメンの お土産をいただき、進化し続ける 日本のラーメンの技術に感動した 知る人ぞ、知る私は麺が大好物 であり、Junkoさんはラーメンが 好きなことを知っているので いつもお土産はラーメンであり 人生のパートナーである存在の 梢さんは袋一杯に詰めた高級素麺 を渡仏時にプレゼントしてくださる 何故、大量かと云うと一回の 消費量が日本の規定量では とても足らず、素麺ならば 300グラム、ラーメンであれば 一度で二袋、カップラーメンも…
View post

ハイヒールの哲学 第3章 ” 膝の力 “


Sunday, November 20, 2016
「ハイヒールの哲学」第3章 フランス語版を金曜日に終えた 前回は二日間を要したが 今回は何とか6時間で終了した Peterの迎えに行かなくては ならない時間が差し迫る中 焦りを抑え、見事、3分前に 終わることが出来たときは スポーツ選手のようであった 映画のような状況に余韻に 浸ることなく、迎えに行き 無事に達成が出来た歓びで あったが、今回も撮影中は 酸素不足と脳をフル回転に 使ったことで頭痛を発した それも翌日である昨日は 身体も疲労していたようで 身体が重く、顔も酷い状態で あったが一つの勲章として 有難く、受け止めている…
View post

美しさの哲学 第10章 “美しく在り続ける方法 ”  


Sunday, November 6, 2016
昨日配信されました「美しさの哲学」 未熟ながらもとても共感致しました。 特に香水については以前ブログでも 紹介されていましたAsami先生の 香りの選び方に習って、新しい自分の 香りを決め、その纏う香りとオーラに 慣れてきた所です。 香り1つにしても、持ち物にしても 自分が纏うものや周りの環境 そのエネルギーがが自分に与える 影響を改めてとても感じています。 そして時間はかかってはいても 確実に私は私の目指す美しさへ 日々向かっていると思える自分が いること 私なりに大きな成長だと感じています。   それもやはりAsami先生から 教えて頂いている 美しさの哲学による恩恵です。…
View post

ハイヒールの哲学 Ⅱ “足を運ぶ前に重要な二つの準備”


Tuesday, October 18, 2016
今月のハイヒールの哲学 第2章 足を運ぶ前に重要な二つの準備 Vimeoを通して、公開をしました。 昨日、フランス時間の朝 「ASAMI-PARIS CLUB」へ ご登録をいただいた方には メールを通して、先行して お知らせ致しました。 ニュースレターはブログと異なり 登録前に配信したニュースレターは ご覧になることが出来ませんので ご了承くださいませ。   足を前へ運ぶ前の僅かな瞬間 一体、どれだけの人が 意識をしているであろうか 後ろ足を地面から離し 前足として地面へ着地させる…
View post

美しさの誤解


Tuesday, October 4, 2016
今朝、幼稚園からの帰り道 日常の生活の中で、自分の 意識が最も上がる場所とは 朝の幼稚園であると思った 今朝、あらためて感じたこと それは、フランス人の男性は 本当に美しいと深々と思った。 出勤前にパパが送りに行く ケースが多いPeterの幼稚園 だが、3分の2が男性である フランス人女性よりも フランス人男性の方が 美学を貫いている人が 多いと感じるのは子供が いるパパからもである そう、フランス人の美しい 理由は、容姿云々ではなく 生き方、そのもの美学があり オーラとして現れているから である…
View post