Browsing Category 愛・家族

家族の愛とCannelle


Sunday, February 19, 2017
今夜、日曜日の夜は Cannelleを家族に迎え入れた 歓迎会を我が家で行う 本当に可愛いCannelle Cannelleと一緒にいるとあまりの 愛らしさに仕事の効率が落ちるが(笑) これも幸せな悩みである husbandの父は、デザートに Cannelleのマカロンを作り 前日、写真を送ってくれた 父は二週間前にCannelleを一緒に 迎えに行って以来、husbandの祖母である マミーは初めての対面で楽しみにしている husbandはデザートを事前に予約し トリュフのチーズも揃え、食後の デザートは盛りだくさんである(笑) 私の方は、当日は手間が掛からなく 家族が喜ぶものを準備するため 前日は、仕事の合間、二度に分けて 買い物へ出かけた…
View post

Cannelleと息子


Wednesday, February 8, 2017
新たな一つの年のサイクルが 2017年から2025年と云われており 後から振り返り、確かに始まりの 年であったのが2017年だと思える程 人生に於いて重大な出来事の始まりが 今年であるとも云われている 私は先入観が入るのが好きではないので このような類いのものは気にしないが 自分の結果論と宇宙を司る流れを重ねると そうであると感じぜずには、いられない 仕事に於いてはコンサルティングと ビデオを通して伝えることの本格的な 実践編の展開、フランスに対しては 未だ雲の中にいる状態であるが、風向きが 変わり、形になってゆけばと思っている プライベートに於いてはCannelleを 迎え入れたことが私の人生の新たな 始まりである 私の人生とは37年間 動物を知らずに生きてきた…
View post

Cannelle


Wednesday, February 1, 2017
今週の日曜日、我が家に迎える子猫 バカンスの後に猫を飼う約束を Peterとしていたが、猫にするか 犬にするか、と意見がまとまらず 最終的にPeterが大好きな猫へと 決まり、数週間前には猫を迎える ための準備を終えていた 私たちは3ヶ月までの子猫と 決めており、猫のアナウンスを husbandがチェックしていたが 時期でないこともあり、子猫の アナウンスを見て直ぐに電話を しても既に予約済みと云う状態が ずっと続いていた 私たちは急いでいなかったので タイミングが合えばと思っていたが 彼が猫を保護する組織、団体である Assotiationへコンタクトを取った Facebookには、綴っていたが 翌日にrendez-vous(予約)を取る…
View post

完全燃焼した聖なる夜


Sunday, December 25, 2016
この瞬間こそ、一年で 最も歓びと幸せに満ち 完全燃焼した時であった しかし、家を出る前とは Facebookでも載せたように 慌てたサンタクロースが 当日にプレゼントを購入と 云う仕事をしてしまった為 疲れ過ぎて、家から出たく ない状態となってしまった(笑) その疲労から、いざ本番と なる家族で過ごすノエルで 持ち堪えることが出来るか どうか本当に危うい状況で あったが、さすがは栄養源で あるシャンパーニュと愛する 赤ワインが私を復活させた そもそも、土曜日とは朝から ノンストップでレッスンを しているので、その上、普段は…
View post

パリより Joyeux Noël !


Saturday, December 24, 2016
フランスでは、クリスマスは 1年で最も大切な日であり 日本で云うお正月のようである その代わり、1月1日は非常に あっさりとしており、今年は 日曜日が元旦であるが平日の ような空気でもある 昨年は、husbandの祖母である マミーの家でPartyをしたので 今年は我が家に招待をしてと 思っていたが、マミーからの 甘い言葉をいただき、そのまま 言葉に甘えて2年連続でマミー の家で家族で祝うことになった Partyのための準備をする必要が なかったので、慌しくない ノエルを過ごせると構えていた ところに例のカード騒動であった カードを止める翌日に家族分の プレゼントを買いに行く予定が…
View post

husbandに叱られる


Saturday, December 17, 2016
英語と仏語のレッスン以外は 予定がなく、その上、週末から 二週間のバカンスとなるため 一人でゆっくりと時間を堪能 出来るのは、暫くないと思い Bacarratのグラスにビールを注ぎ ゆったりとランチの準備をした 冬なのに夏のようなランチ 冷製パスタに白ワインを合わせ のんびりと至福の時を味わった 自分でも笑ってしまう 今日のブログのタイトル 私は日々の生活の中で誰よりも 自分のことを信用しておらず どのくらいオフが酷いかと云うと kokoさんに「Asamiさんのオフは 酷すぎます(笑)」と私の有り様を 表現してくれるほどである Peterにもピアノ以外は私を 信用しておらず、息子から…
View post