Browsing Category コンサルティング

身体に響く声


Thursday, February 23, 2017
私はオートクチュールコースに関して 2時間30分と云う時は、単なる 技術を習得するためのレッスンではなく 一つの芸術だと云う思いで立っている 音楽と構成、ストレッチをする際の 身体の動かし方、指先の動き一つ 部屋に広がるエネルギーも含めて テクニックを教えるだけのレッスンでは ないのがオートクチュールコースである 現在は、コンサルティングのクライアント である東條 怜さんが、過去にパリでの レッスンを受けられた際に"Asami先生は 声の抑揚まで意識をされてレッスンを提供 されているのではないでしょうか?"と 私がまさに、意識をしていただけに、彼女の 言葉は本当に嬉しかった こちらの言葉は今から二年半以上も前になるが その頃からもレッスンに立つ際の声については 一つの大事な要素と思っていた…
View post

リズムとバランス


Wednesday, February 15, 2017
久々に昨日はブログを綴らず 自分のリズムを整えることで 生み出すエネルギーを調整した 私がブログを綴る理由は様々な 意味があるが、一つには自分の 脳を休めるためでもある 仕事が忙しくなれば、脳の休息が 欲しく、それが私にはワインと共に ブログであるが、それを超えると 一旦、休んでエネルギーを貯めに入る 私はブログに対してはレッスンと 同じくエネルギーを込めており もう少しで、エネルギーの需要と 供給のバランスが崩れそうだと云う 手前で潔く、そこを断ち切ってしまう バケツに水が一杯になるかの如く エネルギーが規定量になったら 再び、コツコツと始めるのである バランスが崩れる前の線引きは 私は恐らく長けていると思う…
View post

プロフェッショナルとしてのスキル


Friday, February 10, 2017
私が勝手に思っている プロフェショナルの定義の一つ それはネガティブな部分を決して 表に出さない人だと思っている 幸せや嬉しいことだけがあるのが 私たちの人生ではなく、生きていれば 誰にでもネガティブな部分が存在する 私は今でも強烈に記憶に残っている ことがあり、それは20代後半の時に 前の主人の母を介護していた時代の 出来事であるが、笑顔な私を見た人が "いいですね。幸せそうで "と言葉を 私に放った その時の私は爆弾を抱えているような 非常にセンシティブな精神状態であり 職業のイメージだけで羨ましがられた 人の言葉が矢のように、突き刺さった 私の精神年齢が幼かったこともあり その時の突発的な印象とは今も私の…
View post

誰もが美しく在る権利


Friday, January 27, 2017
以前に身体とは年齢に比例するようで 比例しないと綴ったことがあるが それを華麗に鮮やかに私の言葉を見事に 証明された女性 彼女は今週からコンサルティングを 受けられているクライアントである 仕事を通して伝えたいことの 一つに「清く」「楽しく」「美しく」 美しさにゴールがない、完璧がない だからこそ、美しさを習慣化させる ことの大切さを伝えたいとの想い 又、40代をどのように生きるかで 40代を終える時が天と地の差ほど 大きく変わるとのご自身の経験から ハイヒールの哲学を通して人生を 懸けて世の中の女性に伝えたい想い その強い想いが身体に現れていた 正直に驚きを隠せなかった初回後 初となる第1回目のハイヒールの レッスンであった…
View post

過去が栄光となる時


Wednesday, January 11, 2017
プレミアムレッスンの時とは違う 驚きの連続でした。 先生のこれまでの人生で得た お知恵や教訓など、財産とも 言えるべきことを伝授していただき 私は本当に幸運です。 昨日、コンサルティングの 1回目の講習を受けられた クライアントから頂戴した 有難いメッセージであった 偶然にも、昨日から始められた クライアントがいらっしゃり その方は、昨日はハイヒールの レッスンであった コンサルティング内に含まれる ハイヒールレッスンは通常の プレタポルテに15分プラスした 60分でのレッスンとなっている 週に一度の60分のレッスンと 週に一度の講習のリズムなので…
View post

私の財産


Wednesday, January 4, 2017
昨年末で、プレタポルテの 新規受付をクローズさせ パリでのオートクチュール レッスンへ戻した理由の一つ それは、今年から始める コンサルティング業からの 想いであった 昨年末、私を救ってくれた プレタポルテで綴ったが 経済的な理由を考えれば プレタポルテコースは私が スケジュールを管理をすれば 存続させるべき位置にあった 世界情勢に左右されないのが プレタポルテコースであった 昨年末に述べた理由に加えて 私が潔く身を引けたのは コンサルティングを受けて くださったクライアントの顧客を 取りたくないと思ったからである…
View post